仙台・会社設立のための税理士ガイド

税理士01

2006年に新たな会社法が施行されて以降、自分で事業をはじめてみたいという若い世代が増えており、日本のビジネスシーンはどんどん活性化されています。
特に近年はインターネットの急速な普及もあってか、それほど多くの人件費をかけなくても大きな利益を出せるようになりましたので、これからさらに注目を集めるような新しい企業が登場することが予想されています。

仙台は東北エリアの中でも非常に活性化された街ですし、これから会社設立して売上を伸ばしていきたいと考えている人もたくさんいるでしょうから、ここでは会社設立のポイントをお伝えしていきたいと思います。
はじめに会社設立にあたってやることは段階ごとに分けておくと分かりやすく、ひとつめのターニングポイントになるのは定款の作成です。

定款とは会社の組織図や会社名、会社の所在地、事業内容、資本金などいわゆる決まり事を記しておく書類のことで、この書類をもとに会社運営を行っていかなければなりませんから、非常に重要なものと言えるでしょう。
定款の作成は公証役場ですることができますが、公証役場で作成する場合は紙の定款となりますので印紙代40,000円が必要になります。

そこで今スタンダードになっているのが電子定款と言って、専用のソフトを利用して作成する方法で、電子定款なら印紙代も必要ありませんから40,000円もかからずに作成できます。
ただ専用のソフトを使いますので、それを使いこなせる専門的な知識が必要になりますから、一般的には専門家に依頼することがほとんどです。

そして株式会社の場合は認証手続きを行い、資本金の払い込みを済ませ、いよいよ登記申請に入ります。
ここが第二のターニングポイントで、登記申請は法務局で行いますが、必要書類が多くなりますのでひとつひとつきちんと確認して用意してください。

ただ定款の作成のときのようにどうしても専門家がいなければできないということはありませんから、必要に応じて依頼するか決めるといいでしょう。
会社設立手続きが終わったあとはその後の運営について考えていかなければなりませんが、ここでひとつ注目しておきたいのが税金です。

法人化することによって新たに法人税の対象になりますので、税理士に税務を依頼することをおすすめします。
仙台にはたくさんの会計事務所がありますので、顧問契約におすすめで優秀な税理士が数多くいますから探してみるといいでしょう。