法人ができる税理士への依頼

法人は個人に比べて税理士を利用していることが多いですが、具体的にどんなことを依頼しているのでしょうか?
依頼内容はさまざまですが、基本的によく依頼されるのは決算手続きの代行です。
法人の決算とは、個人でいうところの確定申告のようなものです。
その1年間の収支をまとめて、黒字なのか、赤字なのか、ハッキリさせます。
その結果にもとづいて、法人に課せられる各種の税金を計算し、税務署などの窓口まで申告するんです。

この手続きは税理士へ依頼している法人がほとんどです。
個人事業主なら確定申告も自分でやる方も多いですが、法人の決算を自社でやっている例はほぼありません。
ここで計算や申告が必要になる税金の種類が多いですし、それぞれの計算方法も非常に複雑です。
ここは会計と税務のプロになる税理士に依頼した方が早くて確実なため、これら決算処理の代行を依頼している法人がほとんどなんです。

このほか、記帳の代理を依頼していることも多いです。
記帳とは毎日の取引の詳細を記録したもので、これを見れば毎日の収入や出費、仕事で必要になった費用の総額がわかるようになっています。
決算の手続きはこの記帳内容を取りまとめて行うため、基本的には毎日記録することが必要です。
大企業などこれを自社の経理がやっていることもありますが、人手の足りない中小企業や、各企業の経営方針によっては、これを外部に委託している例もあります。
それを主に引き受けているのが税理士です。
このような依頼もできます。

これらが税理士へ依頼される内容の基本です。
名古屋でも多くの法人が税理士へ依頼していますが、これ以外にも頼める内容はあります。
たとえば経営相談がありますね。
現状のままの経営で問題ないか、改善点はないか、税理士が定期的に相談に乗り、アドバイスをしてくれます。

このほか、節税相談の依頼などもありますよ。
企業運営にとって節税はとても大事ですから、それの対策についての依頼です。
これら依頼もしたいなら、決算や記帳といった基本業務以外にも対応できる税理士を探してみてください。