中小企業の節税対策

名古屋には中小企業も多いですよね。
これら企業は、税理士まで節税対策の依頼をするのもオススメです。
これを主に引き受けている税理士も多いですよ。

これら税理士に節税対策の依頼をオススメするのは、その方が資金繰りが楽になるからですね。
企業運営にとって、税金はかなり重い出費となるでしょう。
これを払えずに倒産する事例もあります。

この税金はどうしても避けられないものですが、金額は抑えられます。
一度課せられた税金を払わなかったり、納税額を勝手に減らしたりするのは脱税ですが、合法的な対策で課税額自体を抑えるのには何の問題もありません。
中小企業は大企業に比べて、組織の規模や資金力はどうしても及ばない部分がありますよね。
その代わりに組織のフットワークは軽いですから、使える節税対策はどんどん使い、税金を抑えて資金繰りを楽にするのがオススメです。

そしてこのような節税対策は、税理士に相談するのがオススメです。
法人の税務は基本的に複雑で、自分でやるとどうしても不備が出やすいからです。
節税のつもりが脱税になっていると、むしろ税金を増やす結果になります。
また、自分で節税策を調べる時間や手間もかなりのものですから、ここは専門の税理士に任せるのがオススメですよ。
具体的にどんな節税策があるでしょうか?

基本的なところでは、青色申告の利用ですね。
これは個人事業主などでも使っている方が多い、とても基本的な対策になりますが、まだ起業したばかりでこのような制度が整っていないなら、税理士まで相談して翌年からすぐ切り替えるといいです。
これを利用すると、赤字の繰り越しなどもできます。
ある年に大きな赤字が出た場合、それを翌年以降に持ち越せます。
翌年は黒字だったとしても、その年の黒字から前年の赤字分を引いて、税金を計算できるんです。
去年の赤字の方が遥かに大きかったなら、税金がほとんどゼロになる場合もありますね。

中小企業で使える法人用の節税対策は、まだまだたくさんあります。
これら専門的な知識は税理士が詳しいですから、ぜひ相談するといいですよ。